クレジットカード払いをすると5%オフになったから

ルミネカードは年会費がかかるけど、いつ買い物をしても5%オフになるから買いました。
OIOIカードはセール中に10%オフになるから買いました。

他のお店でも、クレジットカードを作れば何パーセントオフになるとかはよく聞くけど、カードを使って買い物をすると、お金を使った実感があまりなく、ポンポン使っちゃって引き落としのときに後悔することが多かったです。
カードによって引き落とし日も違うので、いまいち把握できにくいのも玉にきず。

その場で1万円払うのと、カードで1万円払うのとでは、その場でのお金がなくなる気持ちのもちようも全然違うので、お金が急に必要な時や、持ち合わせが足りない時は便利だけれど、きちんと計画的に使わないとあとあと怖いのがクレジットカードです。

社会人になってすぐにクレジットカードを作って、大好きな洋服をセール中だと10%オフで、それ以外の日でも5%オフになるから、うれしくて洋服を買うときはいつもカードを使ってました。
まだ新入社員でもあり、給料もすごく少ないのにセールになったら買い物、セールじゃないときもかわいいものがあったら買い物、気付いたら給料はほとんど服でなくなっちゃう。
でも家にはそんなに服がある自覚もないし、ましてやお金を使ってる自覚もあまりなかったです。仲が良い先輩も消費化で二人でよく買い物にいってた事も原因ですね。
でも毎月カードを使っては支払って、足りなくてまたカードを使っての繰り返しで1円も残らずお金を自由に使えてあのときはあの時でよかったかなー。
計画的に使用できる人はいいけど、私みたいに計画的に使えない人はあまりクレジットカードを使ってしまうとお金を貯められないので、今はもう滅多な事がないと使わないようにしています。

楽天カード

初めてクレジットカードを申し込んだ時は、ドキドキしつつも待ち遠しかったです。
無事に審査に通り、手に持った瞬間はすごく嬉しかったのを覚えています。
使用用途は特に決めていなかったので、手に持った瞬間から使用までの間はかなり時間が空きました。
何に使えばいいのかもわからず、1番初めはコンビニで缶コーヒーをカードで買いました。
今考えると少し恥ずかしい気持ちもありますが、お金を払わずに商品を買えるって、すごく新鮮で、嬉しかったのです。
しかし、引き落としなどが怖くて、安易に使ってはいけないと考えていた為、なかなか使いどころがわからず、財布の中で眠っていました。
その後、ネットなどで色々調べ、便利さや怖い点などを学習し、今ではクレジットカードでのポイントで買い物をするようにまで成長しました。
やはり、使い過ぎや、今では現金化なんてものがありますから、キチンと個人個人で良い点や怖い点などを学習することが必要だと思いました。
何も考えずに使って引き落とし出来ずに、請求書が届き金額にびっくりすることなどあると思います。
なので、クレジットカードで買おうが、現金で買おうが、お金であるという事をしっかり理解し、上手に使っていかなければいけないと思います。
上手に使えば、こんなに便利な物はないですよね。
家計簿をつけているのですが、明細などを見ればいちいちレシートをとっておかなくても、一目で確認出来ますし、明細見ながら使いすぎたなぁとか反省も出来ます。
なので、クレジットカードは使う人によって、良くもあり悪くもあるのかなぁと考えました。

ポイントの還元率

今持っているクレジットカードは2枚で、auのじぶん銀行の提携カードであるじぶんカードと、JRのビッグカメラsuicaカードです。
以前はローソンチケットのエルアンコールカードを持っていました。
最近はあまり行っていないのですが、前はよく観劇に行っていたので、チケットの先行販売などの特典目当てに持っていました。
観劇にあまり行かなくなったのに加えて、カード特典が変わってしまったのと、年会費がかかることから持つのをやめてしまいました。
それからしばらくはカード自体を持っていなかったのですが、携帯がauなのもあり、じぶんカードを作りました。じぶん銀行と合わせて使うと携帯料金に対してポイントの還元率が高くなるし、それ以外でも1%還元だしお得だなと。
また、還元されたポイントを現金でキャッシュバックしてもらえるのも気に入っています。
もう一枚のビッグカメラsuicaカードは、完全にsuicaへのチャージ専用にしています。
月一で実家へ帰るときに電車を使うのですが、改札を通るとき自動でsuicaにチャージしてくれるので便利です。
また、suicaにチャージするとポイントの還元率が高くて、そのポイントをまたsuicaにチャージできるので、お得です。
インターネットで買い物をするときも、カードがあれば手数料もかからず、重宝しています。
管理がもう少し上手くできるようになれば、生活費はすべてカード払いにしてしまいたいのですが、まだそこまではできていないので、もっと上手に活用できるようになればいいなと思います。